広報こものトップ >> PHOTO NEWS(フォトニュース)
広報こもの PHOTO NEWS(フォトニュース)
 


町内の子どもたちの感染予防のために
5月20日 マスク5,000枚を寄贈

新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、㈱シンコーワが子ども用マスク5,000枚を町へ寄贈しました。寄贈されたマスクは町内の各小学校へ配付され、登校再開時に児童へ配られました。寄贈にあたり、町長が感謝状を贈り、「子どもたちへのマスクを寄贈いただいたということで大変有り難く思います。教育委員会を通じて子どもたちの手に渡るように迅速に対応させてもらいます」と感謝の思いを伝えました。

町内の子どもたちの感染予防のために
▲子ども用マスクを寄贈した㈱シンコーワの古市社長(写真右から2番目)



出水期に備えて例年と同じ準備を
5月21日 水防訓練に代わり土のう作成

毎年、5月末に開催している水防訓練が新型コロナウイルス感染症の影響で中止となったことに伴い、役場本庁で土のう作成訓練を実施しました。例年、水防訓練で作成した土のうは出水期に備えて各区に配備されており、今年も各区から同様の要望があったため、今回の訓練を実施しました。訓練に参加した若手職員らは、土のう作成手順の説明を受けた後、二人一組になって土のう袋に土を詰め、額に汗を流しながら合計約400個の土のうを作成しました。

出水期に備えて例年と同じ準備を
▲土のうを作成する職員



B&G海洋センターにもしものときの通信手段
5月21日 特設公衆電話の設置

西日本電信電話㈱と町との特設公衆電話の設置および利用・管理に関する協定が締結されました。これは、災害時の避難所において避難者の通信手段確保のため、西日本電信電話㈱が町の指定避難所にあらかじめ特設公衆電話の回線を配線し、災害発生時に町が固定電話を接続することで、通話が可能となるものです。今年度は菰野町B&G海洋センターに設置され、来年度は下記8か所の指定避難所に設置を行う予定です。

B&G海洋センターにもしものときの通信手段
▲B&G海洋センターに配線された特設公衆電話

特設公衆電話設置予定の避難所



より快適に観光施設をめぐる移動手段
6月18日 新モビリティ試乗会を実施

町内観光施設を周遊する新たな移動手段として導入が検討されている「電動アシスト自転車」「電動スクーター」「電動キックボード」の体験試乗会が御在所ロープウエイ駐車場で実施されました。今後、(一社)菰野町観光協会が主体となり、実用化に向けて取り組んでいく予定です。

より快適に観光施設をめぐる移動手段
▲電動スクーター(写真右)と電動キックボード(写真左)






All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。