広報こものトップ >> PHOTO NEWS(フォトニュース)
広報こもの PHOTO NEWS(フォトニュース)
 


3年間、お世話になりました
7月22日 ALTケリーさんが退任

外国青年招致事業(JETプログラム)により、菰野町で外国語指導助手(ALT)を務めたバン・ロイ・ケリーさんが退任しました。ケリーさんはJET絆大使に任命され、今後も日本と母国であるアメリカ合衆国との友好関係の強化に携わる予定です。退任に際しケリーさんは「これからはロンドンの大学で政治学と人権を学びます。日本での経験を踏まえて、頑張ってきます」とこれからの抱負を語りました。

7月22日 ALTケリーさんが退任
▲JET絆大使の任命書を受け取り笑顔で写るケリーさん(写真左)



企業と連携して更なる健康増進を図る
8月3日 健康増進に関する連携協定

明治安田生命保険相互会社と町との健康増進に関する連携協定締結式を役場本庁で行いました。この協定は、町が策定した「健康増進計画・食育推進計画」に基づき、今後、健康に関するセミナーなどを共同で開催することを目的とするものです。締結式で町長は「健康であることが最も大切です。企業の協力は大変有難いです」と感謝の思いを伝えました。締結式では、感染症拡大防止のために募った「私の地元応援募金」の目録贈呈式も行われ、312,600円が寄付されました。

8月3日 健康増進に関する連携協定
▲協定書を手に写る福谷支社長(写真右)と町長



三重県と菰野町が連携して歩むために
8月6日 知事と町長が1対1対談

三重県知事が各市町へ出向いて、首長と対談する1対1対談が役場本庁で開催されました。対談では、町長がこれまでの県の感染症対策を評価しつつ、県として動画配信などを利用してさらに感染症の拡大防止の啓発に力を入れていかなければいけないことや、今後の経済対策や事業者への支援について意見が交わされました。

知事と町長が1対1対談
▲鈴木知事(写真左)と対談する町長



町のB&Gセンター・インストラクターが指導
8月7・12・17日 カヌー教室を実施

B&G海洋センター小島艇庫でカヌー教室が実施されました。参加した約10人の小学生は、カヌーの乗り方から前にまっすぐ進む方法、後ろに下がる方法まで楽しそうに教わっていました。

8月7・12・17日 カヌー教室を実施
▲パドルの使い方を教わる参加者



敬老の日に合わせて長寿を祝う
8月19日 満100歳を祝い表敬訪問

満100歳を迎えた宇佐美定男さんを町長が表敬訪問し、長寿を祝いました。宇佐美さんは永井区で生まれ、農業を営んでいました。表敬訪問で町長から長寿の秘訣を尋ねられると、「怒らないように生活し、いろいろなことに感謝することです」と答え、日々の温厚な生活を振り返りました。

8月19日 満100歳を祝い表敬訪問
▲表彰状を受け取り、記念撮影に写る宇佐美さん(写真右)






All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。