ディスクゴルフコースが完成

もが楽しめるスポーツ、ディスクゴルフ。ゴルフのボールの代わりにフライングディスクを使用し、バスケット型の専用ゴールに、何投で投げ入れることができるかを競うスポーツです。発祥国はアメリカで、欧米を中心に現在、世界50か国以上で競技が行われています。日本での競技人口はまだ少ないのですが、レクリエーションスポーツとしてよく取り上げられ、国内で国際大会も開催されるなど、今、注目されているスポーツです。
 菰野町では、令和3年に開催予定の三重とこわか国体で正式競技のスポーツクライミングとともに、デモンストレーションスポーツとしてディスクゴルフが実施されます。デモンストレーションスポーツは、開催県の県民ならば誰でも参加できる競技です。そして、国体開催にあわせて、菰野町役場対岸の三滝川河川敷に「菰野町ディスクゴルフコース」を整備しました。三重県ディスクゴルフ協会監修のもと、出来上がったこのコース。今月号では、ディスクゴルフの魅力に迫ってみたいと思います。

意外に奥深いディスクゴルフ

ィスクゴルフのルールはほぼゴルフと同じです。スタート位置のラインを越えないようにディスクを投げ、バスケット型のゴールを目指します。コースにはそれぞれ規定打数が設定されており、できる限り少ない投数でコースを回り、投数が少なかった方の勝利となります。
 ディスク一枚あれば誰でも楽しむことができるスポーツですが、一方で競技としての奥深さもあります。多くの皆さんはディスクを投げるとき、「バックハンド・スロー」と呼ばれる一般的な投げ方をすると思いますが、投げ方はそれだけではありません。投げ方を変えてディスクにカーブをかけたり、シチュエーションごとにディスクを交換したり、時にはディスクを転がしたりとテクニックは無数にあります。ディスクゴルフは、誰でもディスク一枚で取り組むことができる間口の広いレクリエーションの一面をもちながら、追及すれば奥深い競技性の高いスポーツの側面も持ち合わせています。

個性豊かな全9ホール

回、整備した菰野町ディスクゴルフコースは全9ホール。三滝川河川敷の平坦な地形を利用して整備しており、誰でも手軽に遊ぶことができるコース設計になっています。各ホールには規定投数が設定されており、3~4投でゴールを目指します。コース上には木や丘などさまざまな障害物があり、単純に投げてゴールを目指すだけでは攻略できません。時には、ゴールをまっすぐ狙わず遠回りをしたり、木などの障害物を利用してゴールに近づくことがポイントになってくるホールもあります。最初は規定投数内で終えることはなかなか難しいかもしれませんが、ぜひ挑戦してみてください。ディスクに慣れれば少しずつ狙った場所に投げられるようになり、規定投数に近づけるはずです。
 ディスク一枚あれば手軽に始められるディスクゴルフ。菰野町ディスクゴルフコースは利用料も必要なく、ディスクだけご用意いただければ誰でも楽しむことができます。皆さんも菰野町ディスクゴルフコースのラウンドから始めてみませんか。

さらなる競技の普及と推進へ

求していけばまだまだ奥が深いディスクゴルフ。今月号で紹介したテクニックや競技の説明はごく一部でしかありません。町教育委員会では、町スポーツ推進委員会などとも協力して、より多くの皆さんにディスクゴルフを楽しんでもらえるよう移動式のディスクゴルフゴールの貸し出しや今後、体験会などを開催して、この競技のさらなる普及を図っていく予定です。
 来年開催予定の三重とこわか国体にディスクゴルフで出場するなら―――今、ディスクを手にして挑戦してみましょう!

 
All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。