広報こものトップ >> 町長のひとり語り

今回は、私の日常業務とともに町長室の様子を紹介します。
 町長は、町の全ての予算を編成する権限と、教育委員会が担当する以外の町の事業を執行する権限を持っています。しかし、全ての業務をひとりで担当することはできません。そこで、私は基本的な方針を決め、各担当課が事業内容の詳細を組み立て、その内容に対して決裁を行うというシステムの中で、私がゴーサインを出すという仕組みになっています。
 ですから、町長室には机があり、そこに印鑑など決裁に必要な物品が置いてあります。

Theme 21 町長の日常を紹介します

また、町長の仕事は、町民の皆さんがもっと住みよいまちとなるため、そして、さまざまな課題を克服するため、ほんの小さな光を探し、突破口を見いだすというものです。
 このため、町長室でいろいろな研究を重ねています。ぱっと見渡してみても、壁には土地利用の規制を示す地図が貼ってありますし、オゾン濃度測定器やオゾン発生器、私と職員が打ち合わせの際に資料を映写するための32インチのテレビ、小中学校でのIT教育を研究するためのタブレットなど、さまざまな物品があります。
 今後も限られた予算のなか工夫をこらし、住みよいまちを作るための研究を続けていきたいと思います。


町長のひとり語りバックナンバー


All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。