2つの部署がもつ役割

野町では、年々歳出が増加する傾向にありますが、少子高齢化の影響により歳入は今後減少するおそれがあります。このままでは、これ以上の投資や臨時的な行政需要に対して機動的に対応することが難しくなることが予想されます。そのため、今後、期待できる歳入に見合った財政運営ができるよう、行財政の体質改善を図ることを目的として令和3年4月から「政策推進室」と「住民連携室」という2つの部署を新設しました。

 「政策推進室」は、各部署で行う事業の進捗状況などを横断的に把握し、それぞれが円滑に連携しやすい環境づくりに取り組み、町長と職員一人ひとりがそれぞれの意見を共有できるしくみを構築していきます。

 一方、「住民連携室」は、役場本庁の総合窓口になるとともに、住民の皆さんとの対話を通じて公共と地域、一人ひとりとの関わりを重視した事業を実施していきます。住民の皆さんと町長が直接対話を行い、意見を取り交わす「柴田町長と語ろう」や各地区に町長が出向く「移動町長室」などを実施し、役場と町民の皆さんとの思いを共有する取り組みを進めていきます。

 
All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。