三重県菰野町公式サイトlogo

トップ >広報こもの(バックナンバー) > 2022(令和4年)年2月号(NO.738) > 町長のひとり語り

町長のひとり語り

町長のひとり語り
Theme 35 年の初めに感じた投票の大切さ

 まず最初に4ページの菰野町の決算報告をご覧ください。義務的経費が2割近く増えています。

 次に、当町では、今年も成人式を開催しました。来年からは、「はたちのつどい(仮称)」のような名称で20歳の方を対象に実施するため、節目の式となったと感じます。式辞では、こんな話をしました。「大人になった責任といいますが、責任とは何でしょうか。それは、自分ができることで人を助けなければならない、という責任のことです。自分だけよければではなく、助け合いで社会を支えましょう」。

 しかし、もう大人になった人でも、責任を果たせているか。今年の年明け、金物の回収の日に大量に可燃物が集積所に見られ、烏がこれを荒らすという事態が発生しました。あまりに不衛生なので、急遽、職員を招集して本来収集日ではないところで回収せざるをえなくなりました。

金物の回収日に出されていた可燃物
金物の回収日に出されていた可燃物 令和4年1月4日撮影

 もう一つ、交通安全街頭指導などで町内のあちこちに伺っています。そのとき感じた事柄を基に警察と打ち合わせに伺いましたが、本当に事故が多いところ…もちろん、直ちに町と警察が連携して対策にかかっています…は、地元からの改善要望があがっていません。逆に危険ではないところについて繰り返し改善の要望があることがわかりました。

 人は目の前の印象だけで物事の善しあしを判断しがちです。だから、選挙で代表者を選び、全ての業務を丸ごと委任します。この結果、代表者が枝葉の意見に左右されず、合理的に行政運営ができるようになります。

 選挙とは今後の任期の全てを任せるものである。だからこそ、投票はすべきだし、その際には十分な検討が必要なのです。投票の大切さを改めて感じた年の初めでした。

このページに関する問い合わせ先

企画情報課
電話番号:059-391-1105
ファクス番号:059-391-1188