三重県菰野町公式サイトlogo

トップ >広報こもの(バックナンバー) > 2022(令和4年)年2月号(NO.738) > PHOTO NEWS フォトニュース

PHOTO NEWS フォトニュース

「湯の山道院」の拳士が演武を披露
1月6日 少林寺拳法で全国大会出場

第55回少林寺拳法全日本学生大会の女子単独有段の部 単独演武に出場した川村海月さん(名城大2年)が2位になり、全国中学生少林寺拳法インターネット大会に出場した遠藤 築さん(菰野中3年)、中村 絆さん(同3年)が優秀賞を受賞し、川村さんと遠藤さんが町長を訪問しました。町長から競技のやりがいを問われると、川村さんは「私はもともと上手くはなかったのですが、強くなり上手くなったと実感する場面でやりがいを感じます」と答え、遠藤さんは「自分が拳士として成長していくことが楽しいです」と答えました。

フォトニュース画像1
▲町長の前で型を披露した川村さん(写真左)、遠藤さん(写真中央)
子どもから大人まで新年を祝って書に励む
1月8日 第20回新春書き初め大会

新春書き初め大会を体育センターで開催し、子どもから大人まで87人が参加しました。今回は大会の冒頭に、第20回の開催を記念して「少年易老学難成(少年老い易く学成り難し)」「一寸光陰不可軽(一寸の光陰軽んずべからず)」と大きな筆で一人一文字ずつ記念揮毫(きごう)を行いました。参加者は「おとし玉」「もちつき」など新年にちなんだ作品に取り組んでいました。

フォトニュース画像2
▲法被を着て真剣な表情で書に取り組む参加者
町を守る消防団員と消防職員が集結
1月9日 消防出初式を開催

消防団員と消防職員合わせて147人、車両13台が集い、消防出初式を保健福祉センターけやき駐車場で開催しました。今年は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、例年行っている三滝川への一斉放水や通常点検、機械器具点検といった訓練などは行わず、優良消防団員とその関係者の表彰のみが行われました。

フォトニュース画像5
▲ローンで撮影した消防団員と消防職員の整列の様子
フォトニュース画像5-2
▲会場に集結した消防団と消防署の車両13台
フォトニュース画像5-3
正月の昔ながらの遊びを楽しむ
1月8日 たこあげ大会を開催

たこあげ大会が朝上小学校グラウンドで開催され、家族連れを含む102人が参加しました。当日は雲ひとつない晴天で心地よい風が吹き、たこあげには絶好の天候の中、参加者が作り上げたたくさんのたこが勢いよく大空に舞い上がっていました。

フォトニュース画像4
▲たこをあげながら楽しそうに駆ける子ども
今回のテーマは「五百羅漢」
1月16日 手づくり民話絵本コンクール

多世代の方が民話を楽しみ、興味をもつきっかけとなることを目的に菰野町手づくり民話絵本コンクールが開催され、表彰イベントが町民センターホールで行われました。お絵かきの部では佐藤奏斗さんの「ニコニコしている石仏様」が、絵本の部では松岡由香さんの「ぼくのかわりに」が最優秀賞に選ばれました。絵本の部最優秀作品の「ぼくのかわりに」は製本化され、町民センターで購入することができます。

フォトニュース画像6
▲受賞者全員での記念撮影
フォトニュース画像6-2
▲お絵かきの部最優秀賞を獲得した佐藤さんの作品
旧車両のさまざまな点を改良した新車両
1月18日 消防タンク車を更新

消防署にタンク車(水槽付消防ポンプ自動車)を導入しました。新車両は旧車両の2倍となる3,000リットルの水量を積載することができ、火災発生時の初期対応や山間部や高速道路等の消防用の水が乏しい地域での活動が期待できます。また、水を吸水する吸管が車両内部に巻き取って収納できる点や油火災用の消火薬剤用のタンクと混合装置を搭載していることで早期の泡放水を可能にしている点で旧車両からの改良が図られています。

フォトニュース画像7
▲3000リットルの水量を積載できるタンク車
1月26日は文化財防火デー
1月21日 文化財防火運動に伴う訓練

田光のシデコブシおよび湿地植物群落で文化財防火運動に伴う特別消防訓練が実施されました。これは町民の文化財に対する防火意識を高めるとともに、関係者や消防職員の火災防ぎょ技術の向上を図ることを目的に実施され、消防職員など約20人が参加しました。訓練では文化財の消火活動のほか、一斉放水も行われました。霜が降りる厳しい寒さではありましたが、消防職員は真剣な表情で取り組んでいました。

フォトニュース画像8
▲訓練の最後に行われた一斉放水

このページに関する問い合わせ先

企画情報課
電話番号:059-391-1105
ファクス番号:059-391-1188