三重県菰野町公式サイトlogo

トップ >広報こもの(バックナンバー) > 2022(令和4年)年4月号(NO.740) > 特集 令和4年度当初予算

特集 令和4年度当初予算

特集 令和4年度当初予算

初予算として、総額約258億円を3月の令和4年菰野町議会第1回定例会に提案しました。一般会計の予算は133億円で、前年度の予算と比較して0・1%の減となりました。今月号では一般会計予算について、柴田町長が議会で行った提案説明とともに主要な事業等をご紹介します。

提案説明持続可能な財政運営に一定の道筋を示し残りの任期を全うしたい

 昨年から今年にかけても新型コロナウイルス感染の波は収まらず、感染症による影響が長期化の様相を呈している中、当町では幾度となくいのちと暮らしを守るために補正予算の編成を行ってまいりました。令和4年度も、引き続き状況を見極めた感染症対策を講じるとともに、感染症の長期化が予想される中、ウィズコロナを見据えたまちづくりにも取り組んでいく必要があると考えております。具体的には、令和4年度予算に自治体デジタルトランスフォーメーションの関連費用を計上し、役場窓口における手数料の電子決済やライフイベントにおける行政手続きガイドのほか、公共施設の予約システム等を導入する予定です。これらの施策を実施することで、人との接触機会をできる限り避けつつ、より便利で住みよいまちづくりに繋げてまいります。

 一方で、当町の財政状況について近年の決算では、歳出をその年度の歳入で賄えておらず、本来は災害等の有事に備えたものであるはずの財政調整基金※をやむなく経常的な財源不足に補てんするため取り崩すことが繰り返されてきました。これは、基金の本来の使い方ではなく、近く基金が枯渇し、現在の住民サービスを維持するどころか、急激な切り下げが避けられなくなるおそれすらある状況です。現に私の町長就任前には財政調整基金の残額が10億円を割り込む財政見通しが示されており、その後の令和元年、私の町長就任1年目から歳出の見直しを中心とした財政立て直しに取り組みましたが、残念ながら財政調整基金が急速に減少する状況でありました。

 そこで令和3年度は、歳入水準に見合った歳出構造へ転換を図り、基金の取り崩しに依存しない収支均衡の予算編成を行うことで、将来にわたって安定した財政基盤を確立すべく、菰野町財政再生宣言を行いました。

 このような財政運営の見直しに際して、既存事業の見直しが必要になるのは避けられないことです。一方、急激な住民サービスの縮小により、単純な既存事業の廃止や縮小を行い、行政サービスを制限するだけではない、財政運営の効率化により収支を均衡させるといった難しいかじ取りを試みてきました。現行の行政実施計画は、事業の選択と集中、既存事業の見直しをセットにして財政負担の平準化を図りながら策定することを心掛けました。令和3年度は、この計画に基づいて事業を執行し、その結果、当該年度末における財政調整基金残高が前年度末より回復したほか、公共施設整備基金に一定額を積み立て、臨時財政対策債を除く建設地方債では、借入額が償還額を下回り、残高も減少に転じる見込みとなりました。厳しい財政状況から脱したわけではありませんが、当町の体質改善に取り組むことで、持続可能な財政運営に一定の道筋を示すことができました。

 今後も当町を取り巻く課題に引き続き対処するとともに、町民の皆さんの思いを実現するための施策を展開し、第6次菰野町総合計画の基本目標の達成に向け、各種事業に取り組んでまいりますが、私の任期も残り1年です。一定の事業完成には1年では到底実現することができませんので、来期改めて選任をいただいたならば、町長に就任し、引き続き施策を完成させることを前提とし、その道筋をつけることを目指し、残りの任期を全うしたいと考えております。

 令和4年度の予算は、以上の考えに従って編成されたものであり、新型コロナウイルス感染症への対峙と共生とを模索しながら、町民の皆さんとともに、いつまでも住みよい町を作り上げてまいります。

特集 令和4年度当初予算
特集 令和4年度当初予算

このページに関する問い合わせ先

企画情報課
電話番号:059-391-1105
ファクス番号:059-391-1188